コウノトリ

福井の診療放射線技師がだらだら書く日記。

OVERDRIVE最新作「電激ストライカー」2011年春発売!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

東への旅 三日目

さてさて夏の祭典も終わり、次は一泊二日で長野県熊の湯温泉への余暇の旅です。
朝のニュース見てたら
「東京神奈川で大停電が発生、ゆりかもめ完全停止」
なんて報道されているも、
「ああ、昨日じゃなくて良かったね」
とか超不謹慎な感想しか考えられませんでしたが。埼玉に宿取っておいて良かったぜ・・・・・

んで、今日からもう一人合流するため、
東武線東松山駅へ迎えに行く事にしまする。

20060820195125.jpg

なぜか駅に鳥居が。
どうやら駅と神社とが隣接というか一緒くたになっている模様。まあ珍しい。

無事合流した後、関越道東松山ICから高速へ。
藤岡JCTから上信越道に入り、碓氷軽井沢ICで高速を降ります。

しかし夏の軽井沢。日本一の避暑地だけあって道は渋滞しています。
が、そこはぬけみちMAPを駆使してなんとかある程度回避。
(究極の抜け道 碓氷峠を通っても良かったのですが、まあ今回はやめときますた)

中軽井沢駅の隣をスルーしたら、鬼押ハイウェイ有料道路に入ります。
で、途中のドライブインで昼食。
お土産コーナーでみょうがの漬物を発見。即購入。みょうが大好き


鬼押ハイウェイが終わったら後は15kmくらいで草津温泉に着きます。
草津も十分魅力的なのですが今回はスルーして、志賀草津道路(元有料道路)に入ります。

流石元有料道路だけあって信号はほとんど無いし、標高も高いので窓開けてるだけでかなり涼しいです。(むしろ若干寒いくらい)
あとこのへんになると硫黄の臭いが漂ってきます。いわゆる硫化水素。
この臭いを嗅ぐと一気に温泉地に来た感が高まってきます。

20060820195052.jpg

山肌に見えるのが道路です。ここからの眺めも凄いのですが、運転中なので撮れず・・・・・・

白根山の湯釜が見れる所もありましたが、人が多そうだったため回避。
そこの道路標識に

「カルガモの親子が横断します。気をつけてね!」

とか書いてある。
はぁーーそれは大変ッスねー


・・・・・・・・・・・・WAO ホンマに出てきましたよ。超可愛いね。
一匹・・・・・・二匹・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・さてもう大丈夫かな。
・・・・・と思ったら時間差で三匹目が出てきたぁぁぁぁぁぁぁああああああ!!!!!


お前はマリオ3のOPに出てくるノコノコかっつーの。
危うく君が望む永遠するところですたよ。
つぅか皆して俺を悪人みたいな目で見ないで頂きたい。無事故無違反ですから!!

20060820195133.jpg

途中で日本国道最高標高点で記念撮影。
背景が真っ白なのは雲の中だからです。

20060820195009.jpg

その最高点から下を見ればアラ不思議。雲の境目です。
雲の中の世界とかジブリアニメみたいですね。へぁ~目が~~目がぁぁああ


続いて渋峠スキー場ふもとからリフトに乗り、横手山山頂へ。
夏のリフトやスキー場を見るのも乙ってもんです。
しかし夏は冬と違って下りもリフトを使用するため、向かい側からも人がやってきます。
だから正面の景色を撮影するのも若干気を遣います。
なぜかって?さぁ。なぜでしょうねえ。うふふふふふふふふ


まあそれはともかく。
横手山山頂にて絶景を楽しみ、横手山山頂ヒュッテでパンを食べ、(これが激ウマ。焼き上がり待ちに長蛇の列ができます。)
リフトを下って駐車場へ戻る。

20060820195040.jpg 20060820195113.jpg 20060820195023.jpg

20060820194927.jpg 20060820194938.jpg 20060820194949.jpg

20060820195000.jpg

順番に
山頂にある看板 そこからの眺め 横手山山頂ヒュッテ正面、側面、リフトからの眺め1,2,3です。


20060820195103.jpg

渋峠ホテル。
ホテルのど真ん中に県境があり、さりげなく外壁の素材も別れてます。
これって県の条例とかがそれぞれ別になってたりしてイロイロややこしいらしいです。


後は順調に宿へ。
荷物を降ろし、部屋でだらだらしてたらちょっと疲れが出たのか、一時間チョイくらい昼寝しちゃいますた。
起きたら丁度晩御飯の時間。
地ビールと牛肉の柳川風などで満腹満足しつつ、どうやら今日は地元のちょっとしたお祭りがあるらしい。


早速行ってみることに。
ビール100円、地酒100円、モツ煮100円、ていうか全部100円の出店。
ディ・モールト(非常に)良心的価格で心踊ります。
メインステージでは自由参加のカラオケなどもやっていました。
まあ演歌中心だから我々ヲタクの入り込む余地など無いので、地酒を楽しみつつ退散します。

PAP_0062.jpg

携帯カメラだとダメダメですね。持って行くの忘れたから・・・・・


宿に帰ったら温泉です。
真っ白に濁ったお湯に強烈な硫黄の臭い。たまりませんね。
いつもの2~3倍の時間をかけてゆっくり楽しみ、部屋に帰ります。
後は寝るだけです。


翌日へつづぅく。
スポンサーサイト
  1. 2006/08/14(月) 20:15:06|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FC2カウンター

プロフィール

尼野川 吉影

Author:尼野川 吉影

最近の記事

最近のコメント

カテゴリ

未分類 (1684)
ガチ☆ペディア (7)

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

カレンダー

07 | 2006/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

検索フォーム

Google

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。