コウノトリ

福井の診療放射線技師がだらだら書く日記。

OVERDRIVE最新作「電激ストライカー」2011年春発売!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

そのような事実は全く記憶にございません。

( ´∀`)「冷蔵庫チェックしますねー」

目が覚める。いったいいつ私は寝たのだろうか。思い出せない。
時計を見ると時間は朝の7時。朝食の時間だ。
痛む頭を抑えつつ昨日の宴会場へ向かう。誰ともすれ違わない。不思議だ。
宴会場に着いたらもう結構な人が集まって食事を取っている。
恐ろしいほど静かな宴会場。誰もしゃべらない・・・・・・・・・・・・・・挨拶しているのはホテル係員だけ・・・
まったくもって異様な光景である。皆二日酔いなのか?

このホテルから病院までは車で30分弱かかる。つまり7時半にはもうバスが出てしまう。
酔い冷ましに温泉に入る事もできない。非常に辛いがまあ仕方ない。


8時。病院に到着。まだ少し気持ち悪い。
自販機でクリスタルガイザーを買う。どうして水に金を払っているんだ俺は。
しかし洗面所の蛇口からダイレクトに水なんぞ飲もうなら明らかに不審者である。ここは我慢だ。

さてそろそろ業務が始まる。朝の朝礼に向かう途中ですれ違う職員たちに朝の挨拶をする。

(;´Д`)「おはようございます」
( ´∀`)「ああ、おはよう。 ・・・・・今日は大丈夫か?生きてるか??」

・・・・・・・・・・・・・・・どうやら私は昨日、相当にグロッキー状態になっていたらしい。
まぁ・・・・・トイレで吐いてた記憶しか無いのだ、そうなのであろう。


朝礼が終わって半ドンの業務を辛いながらもこなし、昼食を摂ろうと思うも胃が全力で拒否する。
くっ・・・・・食堂が用意してくれたこの昼食、残すのは非常に勿体無い。
が・・・・・・・・・やはり無理。悔しいが伊予柑だけ食べて後は残そう・・・・・・・・・・・・・・

昼食後にいつもの喫煙所に向かう。まあ私のいつもの行動パターンと言っても良い。
喫煙所に入ると先輩看護師(男)と介護士(男)が先客としていらっしゃる。


(;´Д`)「お疲れ様です」
( ・∀・)「お疲れー なんか辛そうやねー 二日酔いか?」
(;´Д`)「ええ、もうなんか朝から胃がもたれて頭は痛くて。」
( ・∀・)「そうかー 昨日はあんなに楽しそうにハシャいでいたのにな。」


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・今なんと?


( ・∀・)「栄養士の女の子3人追い掛け回してtouchしまくってたやんか。なあ○○くん?」
( ´_ゝ`)「ええ。そうでしたねー あと看護師もじゃなかったですか?」
( ・∀・)「おお、それもあったな」


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ま・・・・まさか・・・・・・・・・私は・・・・・・・・
・・・・・・・・私は栄養士と喋っていただけのはず!そんな追い掛け回すなんて大それた行動など・・・・・・・・・!!!


( ・∀・)「え?何?覚えてないの? そうかそうかそれは幸せだなー」
( ´_ゝ`)「まったくですねー」


・・・・・・・・ち・・・・・・ちがう逆だろう!
・・・・折角Touchしたのにその事を覚えていないなんて勿体無さ過ぎr・・・・・・
・・・・・・・・・・いや待て!私はそんな事はやっていないはず!私の記憶に無いのを良い事に適当な事言ってからかっているんだ!


( ・∀・)「まあなんだ。結構な目撃者がいるみたいだけど、まあ酒の席だし、別にいいんじゃないのー」

yumedaro

tokoroga

現実です これが現実・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
スポンサーサイト
  1. 2007/02/16(金) 23:58:11|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FC2カウンター

プロフィール

尼野川 吉影

Author:尼野川 吉影

最近の記事

最近のコメント

カテゴリ

未分類 (1684)
ガチ☆ペディア (7)

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

カレンダー

01 | 2007/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

検索フォーム

Google

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。