コウノトリ

福井の診療放射線技師がだらだら書く日記。

OVERDRIVE最新作「電激ストライカー」2011年春発売!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

トークライブ旅行 3日目 (後編)

s_SANY0177_20090502000554.jpg
いきなり昼飯の絵でごめんなさい。
・・・いやね。手長神社を巡り終わった時点で14時前になってまして、流石にちょっと腹が減ったなぁと。
どこか食う所無いかなーと諏訪湖を北西に走りながら探すも見つからず、
結局秋宮の傍に信州そばの店があったのでホイホイ入ってザルそばなんぞ頼んでみたワケです。
(2分くらいモリソバにしようか迷いましたが。デモンズ的な意味で。)
うん。うん。美味い。太めでコシがあって関西人好みの蕎麦でございますた。

s_SANY0160_20090502000626.jpg s_SANY0158_20090502000637.jpg
はい。気を取り直して諏訪大社下社秋宮です。
ここは上社本宮の次に大きく、諏訪大社の中で最も特徴的な所でもあります。(さりげに手水舎も豪華なつくり)

s_SANY0167_20090502000717.jpg s_SANY0169_20090502000727.jpg th006.jpg
ドーン!
はい。出ました巨大しめ縄。大迫力。
風神録プレイヤーにとってはもうお馴染みの風景、頂きました。

s_SANY0175_20090502000842.jpg
両脇にある御柱を引きずってくるしめ縄。巻いた状態で人の身長くらいの高さがあります。
すごく・・・・・・・・・大きいです・・・・・・・・・

s_SANY0173_20090502000922.jpg
ちなみにさっきのは神楽殿で、幣拝殿はこっちだったりします。
こちらも負けず劣らず立派というか、屋根にある彫刻がなかなか凄いです。

s_SANY0162r.jpg s_SANY0164.jpg
諏訪大社下社にはそれぞれに立派な杉の木がそびえているのですが、こちらは根入りの杉。
夜中になると枝先が下がり、風でゴーっと寝入りイビキのような音が響く事からそう名づけられた・・・・・・・んでしょう多分。

s_SANY0157_20090502001014.jpg
ここで秋宮は終了です。
続いてちょっと歩いた所にあるのが・・・・・・・・

s_SANY0179.jpg s_SANY0182_20090502001046.jpg s_SANY0183_20090502001121.jpg
おんばしらグランドパーク。
・・・・・・・・なんつうか、見た目も凄いけど名前もスケールでけぇなぁ
良く解からない彫刻から流れてる水は温泉っぽい(触ると暖かい)し。


s_SANY0185_20090502001227.jpg
続きまして諏訪大社下社春宮で御座います。
こちらも上社前宮と同じく、秋宮に比べて小さめの神社ですね。

s_SANY0195.jpg s_SANY0196.jpg
しめ縄もちょっと小さめ。
そして何より後ろの幣拝殿は工事中のシートが・・・・・・・・・

s_SANY0190_20090502001412.jpg s_SANY0191.jpg s_SANY0197_20090502001412.jpg
どうやら平成の大修理の最中だった模様
春宮が去年の9月~今年の9月。
秋宮が今年の9月~再来年の9月。
・・・・・・・・・・・ん?秋宮は神楽殿も修理しますの?しかも2年間!?
って事はあの巨大しめ縄も暫くの間は見れなくなるのか・・・・・・・危なかった・・・・・・・・・・・・
(まぁずっと全部いっぺんに工事する訳じゃないでしょうけど)
ところで御柱祭のときはどうするんだろ? その時は一時中断するのかな?

s_SANY0187r.jpg s_SANY0186.jpg
春宮にある杉の木は結びの杉です。
これはもうスペルで見たほうが早いですね。

th017.jpg
杉で結ぶ古き縁。
EXTRAの中でもかなり上位に食い込む楽勝スペルと思ってみる。


春宮も終了し、これで諏訪大社四社全て参拝完了です。
ここからは諏訪湖をさらに西に走り、隣の岡谷市にある洩矢神社へ向かいます。
諏訪湖に沿いつつ7キロほど進むと、JRと高速の陸橋に挟まれた狭めの道沿いに

s_SANY0202_20090502001653.jpg
こじんまりと存在されまする。
何故か神社の名前が刻んである碑だけはピッカピカの綺麗ですが。

s_SANY0203_20090502001654.jpg
洩矢神社由緒略記。
これもウチら東方厨にとっちゃぁ有名ですが、簡単に解説すると
洩矢神が治めていた所に建御名方命がやってきて
洩矢は鉄の輪、建御名は藤の枝で戦ったが、洩矢は鉄の輪が錆びてしまって負けてしまう
それ以来、洩矢は神長官となって・・・・・(続きは前々回の守矢史料館へ続く)といった感じ。
そしてその戦いを表しているのが

th058.jpg th036.jpg
この2つのスペカであると。
上から降ってくるのが鉄の輪、下から伸びているのが藤の枝
洩矢の鉄の輪は錆びて赤くなってしまっているワケですな。

s_SANY0207.jpg
扉も鍵がかかって寂しいですが、ここにはガラガラ鳴らす鐘がありんす。
えーと、鐘を鳴らすのは二拝する前だったかな・・・・・・・・・

s_SANY0206.jpg
おまけ
神社の裏手はパターゴルフ場になってます。
・・・・・・・・・それは良いとしてここ坂になってるんですけど・・・・・・横に外したら永遠に転がっていったりしないのだろうか。
おいおい難易度高けーなー


はい!これで当初予定していた所は全て巡礼完了致しました!
時間はおおよそ16時!んー 思ってたより早く終わったなぁー
まだまだお日さんも照っているし、ここで帰るのもちと勿体無い・・・・・・・・
なんかテンション上がってきたし!このまま守屋神社にも行っちまいますかな!!!

・・・・・・・・・・・といっても本来は行くつもりも無かった所なんで場所とか超うろ覚えなんですが。
えーと確か諏訪ICから南下した山の上にあったはずだから・・・・ナビによると・・・・・・・・ん~ 道は1本しか無いな・・・・・
良しこれで行ってみるか!

s_SANY0224r.jpg s_SANY0209.jpg
有ったぁぁぁああああああああ!!!!!!!
いやー 結構登りましたよ。なんか途中に展望台まであったし。(それはまた後で)
手前の桜と鳥居の調和がなかなかイカスんじゃないですか?

s_SANY0218_20090502002223.jpg
鳥居をくぐるとちょっとした山道があって・・・・・・・

s_SANY0217.jpg
拝殿と。
ここも洩矢と同じく鍵がかかってて寂しい感じ。鐘も無いです。

s_SANY0226.jpg s_SANY0227r.jpg
流石は神の山、守屋山
そうそう気安く入るワケにはいかんという事かッ!!
・・・・・・・いや、違うか。多分危険があるとか、作物を勝手に盗られないにって事だろうて・・・・・・・・


これにて全て終了!!
うぉぉぉおおおおおおおおお目標全制覇できたぁぁああああああああ!!!!!!
後は帰路についていきますが、折角登った神の山、展望台をスルーするのは勿体無い。

s_SANY0228_20090502002359.jpg s_SANY0232.jpg
という訳で立ち寄ってみますた。
なかなかの眺めです。右に茅野市、左に諏訪市と諏訪湖の一部が一望できます。


s_SANY0234_20090502002440.jpg
ちょっと霞かかってますが、正面に見えるのが蓼科山(諏訪富士)、左手に見えるなだらかなのが車山ですね
どちらも冬場はスキー場として賑わうところです。(車山は去年のGWにも行きましたね)


存分に景色を楽しんだ後はアイスクリームなんぞ食しつつ山を降りて諏訪ICから中央道に乗り、車多めの道を7~80キロくらいで流し、
恵那山トンネル手前で数キロの渋滞にぶつかって30分ほど消費し、神坂PAで飯を食い、
東環道~伊勢湾岸道~新名神を走り、四日市で対向車線が事故渋滞で20キロとかになっててカワイソスだったりした後、
大津ICで名神を降りて大津駅でDRAGONと別れ(ここで22時)、一度実家に戻って風呂に入って30分程仮眠し、帰宅しますた。

う~ん!疲れた!!
でも楽しかったです。充実した週末だったと思います。
トークライブもvol.1ってナンバリングされてたし、また有ると良いなぁ~
スポンサーサイト
  1. 2009/04/22(水) 00:18:44|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FC2カウンター

プロフィール

尼野川 吉影

Author:尼野川 吉影

最近の記事

最近のコメント

カテゴリ

未分類 (1684)
ガチ☆ペディア (7)

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

カレンダー

03 | 2009/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

検索フォーム

Google

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。