コウノトリ

福井の診療放射線技師がだらだら書く日記。

OVERDRIVE最新作「電激ストライカー」2011年春発売!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

RAPTS作成記

一月ほどの前の記事で
「今後の事も考えてTS自作に挑戦しようかな」と書きましたが、
実はもうソレに向けての部品調達は今月初めに完了してたりします。
なので今回はRAPを使ったXBOX360用ツインスティックの作成を適度に紹介していこうかと思います


s_SANY0132_20090810004308.jpg
まず用意するのはリアルアーケードプロ。
これは新品のRAP3(楽天あみあみで送込み7180円。ポイント使って2000円)ですが、
RAPの互換機であれば色合いの趣味を除けばどれでも問題有りません。
ストⅣ、アルカナ、RAP2,RAP3,BB,鉄拳5,etc.etc.・・・なんでもお好きなのをどうぞ。
また、ガワだけしか使わないので、中古でも新品でも大して変わりません。これもお好みで。
(RAP-EXシリーズだと配線作業が楽になりますが、入手困難な上に元の値段が高いです)

s_SANY0133_20090810004308.jpg
サクッと後ろの鉄板&天板のボルトナットを外します。ここはキャリステの時と全く同じです。
ただ、あちらと違ってボタンはファストン端子付けなので、ハンダ吸い取りをしなくてもペンチで楽々外せます。

s_SANY0135_20090810004309.jpg
ベネ。
あと左上の基盤から延びてるコードは邪魔なので、基盤のみ外して連打&L3R3ユニットだけ残す工夫をします

s_SANY0161_20090810004309.jpg s_SANY0162_20090810004310.jpg
こんな感じで。
元の基盤の所にDVD-Rスピンドルに入ってる透明なヤツとか厚紙とかを挟み、テープで固定。
多少ブサイクになったとしてもどうせ裏返るので問題有りません。ボタンも押す事無いですし。ハリボテハリボテ。
(ちなみにこれをやらないとTSの左上がポッカリ空いてダサくなるので注意)

s_SANY0136_20090810004310.jpg
セイミツのLSX-57と天板試作人さんがワンオフで作成された9mmシャフトです
このシャフトに交換する為にLSX-57を分解していくのですが・・・

s_SANY0139_20090810004551.jpg
このようにシャフトはCリングで固定されています。
ドキャステの時のEリングと違い、これはマイナスドライバでこじ開けるのは不可能に近いです。

s_SANY0137r.jpg
そこで登場するのがこのスナップリングプライヤー。ホームセンターで1480円。
軸、穴兼用でEリングプライヤーとしても使えるスグレモノ。
(そしてコレ買った後に似たようなのをダイソーで735円で見つけて猛烈にヘコむ。半額かよ・・・・・)
使い方は簡単で、ハサミの先に付いてるツメをCリングに引っ掛けて握ればリングが緩んで外せます。
ただ、やはりその時縮んでたバネが開放されるので、部品等が異次元に行かないよう注意しませう。

s_SANY0140_20090810004551.jpg
交換作業が済んだら先にスティックの共通GND作業をしてしまいます。
適度な長さに切ったリード線を8本用意して・・・・・

s_SANY0141r.jpg s_SANY0142_20090810004552.jpg
こんな感じで4隅をグルっと一周するようにハンダ付けしてやります。
こうする事によってイチイチ全部の端子にGND配線せずともどれか1つに繋げれば良くなり、配線のゴチャゴチャが緩和されるって寸法です。

s_SANY0151_20090810004813.jpg
GND処理が終わったら先にLSX-57を取り付けてしまいませう。
下に見えているのはこれも天板試作人さんがワンオフで作られたTS用の天板です。
固定に必要なネジ類は
・M4皿ネジ(長さ20mmくらい) 8本
・M6~8くらいのワッシャ 8枚
・M4ワッシャ 16枚
・M4スプリングワッシャ 8枚
・M4ナット 16個
です。
何故M6とかのデカいワッシャが必要かと申しますとですね

s_SANY0152_20090810004813.jpg
天板の仕様上こんな感じで皿ネジの下っ側が若干飛び出てしまうのでそれを補正する為でございます。
M6ワッシャで補正してやれば後はLSX-57を付けるだけ・・・・・・・と思ってはいけません。
グリップ(トリガ、ターボ)から延びてくる配線を通す為のスペースを作ってやらないと後々途方に暮れるハメになりますぜ。

s_SANY0153_20090810004813.jpg
このようにスキマを作ってやりつつ固定すれば無問題。
字で説明するなら
M4皿ネジ→天板→M6ワッシャ→M4ワッシャ→M4ナット→LSX-57→M4ワッシャ→M4スプリングワッシャ→M4ナットです。
ちなみにこのネジ、適当に25mmのを買ったんですが明らかに長すぎました。てへ。失敗失敗。

s_SANY0154_20090810004814.jpg
両方とも同じように固定したら次は天板に貼り付ける絵を作ります。
やっぱりGIMP2でイラスト加工し、現物合わせでサイズ調整、印刷。
んで、穴の部分を切り取って・・・・・・

s_SANY0155_20090810004814.jpg
貼り付けます。
いやー ツインスティックは穴の数が少ないから楽で良いね!
ただし、必ずLSX-57を取り付けてから絵を貼りましょう。
逆にすると絵の上に取り付けビスが見えてカッコ悪くなります。
貼り付けたら元にあった根角ボルト&ナットで仮止めしておくとズレなくて安心ですね。(真ん中上下がそれです)
では続けて続いてグリップの加工をしていきます。


s_SANY0143_20090810005344.jpg s_SANY0144_20090810005344.jpg
さて、取り出しまするのはセガサターン用ツインスティックで御座います。
え?なんでDC用を使わないのかって?
それはね、SSTSの方がグリップの色的に今作ってるTSに合ってるから。ただそれだけですよ。
あと値段が安かったってのもあります。Amazonマケプレで送込み1480円でした。

s_SANY0145_20090810005345.jpg
早速分解してやります。この部分以外は使いません。燃えないゴミにでも出してしまいましょう。
SSTSですが、グリップの形状については完全にDC版との色違いなんですが、
ターボボタンのゴムの材質と、基盤の作りが若干違います。(DC版の方が良質です)

s_SANY0147r.jpg
ま、違うといってもほとんど一緒なので作業も同じようにできますがね。
パターンカットの場所だけは気をつけましょう。

s_SANY0149_20090810005345.jpg
削り取って、ハンダ付けして、ホットボンドで完了です。

s_SANY0156_20090810005344.jpg
配線を通してやります。
ナットで浮かした所を通っているのが解るでしょうか?
(ちなみに省略してますが、スタート&BACKボタンも既にハメてあります。黒だから見辛いね)

s_SANY0157_20090810005602.jpg s_SANY0158_20090810005602.jpg
おなじみの平型端子配線です。ここが一番めんどいんだよなぁ・・・・・・

s_SANY0164_20090810005603.jpg
繋いで繋いで~
GNDは上下左右のどれに繋いでも一緒なので、やり易いところに挿してやりませう。
ちなみに、前回のTACLでトリガ部分に不具合が発見されたのもあったので、今回はRT,LTをRS.LS押し込みに配線してみますた。
グリップのパターンカットは将来またRT.LTに戻すことがあった時の為の予備措置ってことで。
また、RAPのガワに対してLSX-57の横幅がかなりギリギリなので
左右スイッチから出てる足を適宜曲げないとガワに入りません。
クキクキ曲げすぎて折ってしまわないようやさしく曲げてやりましょう。

s_SANY0165.jpg
後は配線をウマい事やりつつホットボンドで固定して、
グリップを取り付けて、天板も取り付けて、底板も取り付ければ・・・・・・・・・


s_SANY0167_20090810005603.jpg
完っ成です!
良 い 感 じ じ ゃ ね?
ざっとプレイしてみましたが、やはり業務用パーツそのものだけあってレバー操作感やニュートラルへの戻り具合は完璧ですね。
(ただ、スイッチの感覚に関してはドキャステの方がカチカチ感があって私は好きですが)
後、SSTSのターボのゴムの感覚がフニャフニャだったのでDSTSのと交換してやったらさらに良くなりますた。ベネベネ。

もうこれでかなり満足なので、ホリの公式TSについては私はスルーする事にします。
浮いたお金で薄型PS3でも買う事にするよ!出ればだけど!
スポンサーサイト
  1. 2009/07/25(土) 00:41:11|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FC2カウンター

プロフィール

尼野川 吉影

Author:尼野川 吉影

最近の記事

最近のコメント

カテゴリ

未分類 (1684)
ガチ☆ペディア (7)

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

カレンダー

06 | 2009/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

検索フォーム

Google

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。