コウノトリ

福井の診療放射線技師がだらだら書く日記。

OVERDRIVE最新作「電激ストライカー」2011年春発売!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ライト外すとまた光軸がズレるんだよなぁ

s_SH370867r.jpg
あい。注文しなおしたドライブスプロケが届きましたん。
今度はどう見ても内歯車の形も一致してるので大丈夫そうです。ふぅ。やれやれ。

問題は切りすぎたチェーンが果たしてハマるかどうか・・・・・・・・まぁ、やってみるしか無いな。
スプロケカバーを外して、(ちょっと緩めに曲げておいた)ワッシャを延ばして、ナットを緩めて、
ナットを外して、古いスプロケをチェーンごと外して、新しいのにチェーンをセットして・・・さぁ!どうだ!!


入った!!!!


よっしゃあぁあああ!!なんとか入ってくれたぁああああ!!!
多分こないだいっぱい走った時の初期伸びが多めにあって全長に余裕が出来たんでしょう。安物で良かったのか?
作業もナットを戻してワッシャ曲げてスプロケカバーつければ完了だし。拍子抜けするくらい簡単に終わったなぁ・・・・


じゃあ余った時間でウィンカー交換のフォローもしてしまいましょか
雨と砂で接着面がボロボロに剥がれかけてるビニテを剥がし、配線を全部引っこ抜きます。

s_SH370870.jpg
そしてワッシャー。内径と外径の関係で2セットになってしまいました。(小さい方だと穴をすり抜け、大きいほうだとナットをすり抜けます)
内径が小さくて外径が大きいCDみたいなワッシャがあれば良いんですけどね・・・・普通のホムセンだとこれが限界でした。
配線を通してワッシャを挟み、念の為強力両面テープで固定してやると

s_SH370871r.jpg
こんな感じでガッツリ固定できます。
まだ穴がちょっと大きいので上の方に空間が出来てしまってますけど、まぁ問題無いでしょう。

s_SH370874.jpg
同じ要領でフロントもやっつけちゃいましょう。
こっちはリアと違ってフェンダー裏から潜り込むとかそういう作業は必要無いです。が、ヘッドライトは取り外す必要が有ります。
古いウィンカーを取り外して・・・・・・

s_SH370876r.jpg
おぉ、こっちは普通の素直な穴じゃないか。
これならそのまま取り付けても問題無さそうですけど、折角なのでワッシャを通してビシッと固定しておきます。
後は配線を取り付け(何故か中華のギボシはサイズがデカくて入れようとしてもガバガバなのでプライヤーでキツキツに曲げてやります)、
狭いヘッドライトの中になんとか線を押し込んで元に戻せば完成です。ベネ。


さーてじゃあ試走してみますか。
折角の日曜だしちょっと羽を伸ばして・・・・・・・丸岡のあたりで良いか。良し出発!

(間)

うん、良い感じ!
今まで5速60kmだと7000回転だったのがドリブンスプロケ交換で6500回転、ドライブスプロケ交換で6000回転まで減って巡航はとっても楽になった。
加速もまぁ言うほど落ちたとも考えられないし、普通に走る分には全く問題ないレベルですな。
ただし登坂能力は著しく低下してトラック並に・・・・・
ちょっとした坂道でもかなりスロットル捻らないと速度維持できずズルズルとスピードダウンしちゃいます
急な坂だともう2速とか3速でブン回さないと登らなくなったり。このへんは仕方ないですな。
ギアさえ下げればなんとか60km維持も出来そうだし、とりあえずこのファイナルでやっていく事にします
ふーぅ 上手く行って良かったぁー



この射命丸ゆうかりんモデルに似てるなぁと思ったらベースは一緒なんですね。
でも作者は違うと。そういうのもあるのかぁ
スポンサーサイト
  1. 2011/03/27(日) 15:17:33|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FC2カウンター

プロフィール

尼野川 吉影

Author:尼野川 吉影

最近の記事

最近のコメント

カテゴリ

未分類 (1684)
ガチ☆ペディア (7)

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

カレンダー

02 | 2011/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

検索フォーム

Google

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。