コウノトリ

福井の診療放射線技師がだらだら書く日記。

OVERDRIVE最新作「電激ストライカー」2011年春発売!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

二輪車の免許をトルノデス 初めての一発試験編

さて今日は試験か・・・・・・・
仕事が終わって昼飯食ったら早速春江にある福井県運転者教育センターに向かいます。12時30分くらいに到着。
受付時間は午後の部が13:00~13:30なので暫く待ちぼうけ。相変わらず免許更新の受付は盛況です。良い商売ですね。

s_SH370553.jpg s_SH370556.jpg
ヒマなのもアレなので外にある喫煙所から場内を撮影してみたり。
場所によってはこの時間を利用して場内を歩かせて貰えるみたいでそれを動画にしてる人も居るみたいですけど
チキンな私はスタッフに聞けずじまいだったのでこのアングルだけです。
まぁでも事前にコース図は入手してたので大体問題ないですけど。ネットは広大ね。
しかしなんで福井はコースが4種類も有るんだろう・・・・普通は2~3個なのに・・・・・・・
しかも坂道発進の頂上が交差点という変則マップだし。確かに普段の坂道発進なんて交差点でしか使わないから実用的ではあるんだけどもね。


暫く待ってたら窓口が開いたのでしたので1番乗りで受付開始。
書類を書き込んで印紙を買うだけなのでスムーズです。ただ「小型二輪でお願いします」と言ったら「ATですか?」と聞かれたのには閉口しましたが。
・・・・・・・MT小型ってマイナーなのだろうか。それとも二輪免許無しでMTを一発受験をするヤツなんて少ないんだろうか。うーむ・・・・・

手続きが終わったら適性検査(視力検査)を済ませ、ロビーで待ってるように言われたのでコースを復習しつつ待機してたら名前を呼ばれますた。
どうも初めて受験する人はまず受けるにあたっての説明があるようで、別室に連れて行かれます。
別室ではコース図が書かれた黒板を使って試験官が「始めはココからスタート、ウィンカーは左に出して。慣らし走行はここを走って・・・・」とか
「ココは坂道だからパイロンで一旦停止して。見通しの悪い所は走り出してからもう1回確認。急制動は小型なら30kmで8mまで。」とか
1時間くらいかけてかなり懇切丁寧に教えてくれます。親切!
(ただし採点方法まで細かくは言ってくれません。右足を着いて止まったら5点とか、エンストは特5点とか。そういうの。事前に調べませう)

全部の説明が終わったら質問の機会があったので
「交差点の手前30mで進路変更完了しなければいけませんけど、途中に関係ない交差点が挟まってたらどうしますか?」と聞いてみたんですが
(要は法規に則ると手前で曲がると勘違いされて危ないのではないかという質問)
「貴方が通る道にそって指示を出してください」との事。んー つまり関係ない道はある程度無視して良いという事ですね。わかりますた。


さぁいよいよ試験です。
今回受験するのは3人。うち私を含めて2人は初めての受験。私以外の2人は大型、私は小型です。
受ける前に肘、膝、胸、背中を守るプロテクターを渡されます。ゼッケンは貰いません。ふむふむ。
噂どおり小型は最後に回されるので他の人の走りをガン見しますか。

1人目。2回以上やってるだけあって手慣れた感じでスタート。
慣らし走行が終わって出発点に戻ってきたところでいきなり立ちゴケ。でも慣らしなのでセーフ。ドキッとしたぜ。
再出発後は危なげなく最後まで走りきって終了。おぉー

2人目。試験前にトイレに行ったようで試験官が待ちぼうけ。何故済ましておかない・・・・・・
出発後いきなりコースを間違えて頓挫。その後走り始めるも坂道でなかなか出発できず。
さらにもう1回コースを間違え、8の字が終わった所で強制終了・・・・・・・・足でも着かはったんかなぁ
ココ福井の検定は他とちょっと違って70点を切った時点で即終了ではなく、ある程度なら最後まで走らせてくれるようで、
「最後まで走りきっても合格を保証はできません。」と試験官も言ってたんですが・・・・・・


そして3人目。私です。

( ・∀・)「君、原付のギア付きは乗ったことあるの?」
( ´∀`)「はい、あります」
( ・∀・)「そっか・・・・・・ じゃあ気をつけて」

・・・・・・・・・信用されていない・・・・・・・・・まぁ当然か。二輪の免許歴も一切無いんだし普通はそう考えるわな。

ピカピカのナナハンを倉庫に仕舞い、奥から出てきたのはかなり年季の入った小型バイク。CB125Tって書いてあります。
・・・・・・・・凄ェな・・・・・メーターが四角いぞ・・・・・・・・・ こういう四角いメーターってだいたい20年くらい前のバイクで流行ってた気がするが・・・・まぁいいや。
えっと、周囲確認して、スタンド払って、跨って・・・・ (うわ重!コレ予想以上に重い!)ミラー合わせて・・・・
ニュートラル確認して、エンジンかけて、右後ろ確認して、足踏み変えて、ギアを1速に入れて・・・・

ズドン!

・・・・・・・・・・・エンストしました。
HAHAHAHA クラッチ握って無かったよ。何そのド素人でもやらないミス。恥ずかし過ぎる。(もう頭PANIC)
も・・・もっかいもっかい。エンジンかけて、踏み変えて、1速に入れて、左ウィンカーを出して・・・(ウィンカー遠いし固ぇ!)
左右後ろ確認してスタート・・・・・

ブォォォオオオオーン!

凄い空ぶかし。あ・・・・あれ?ニュートラルのままだったかな・・・・・・いやそんな筈は・・・・・・・・・・・
そ・・・・そうかクラッチミートが凄く遠いんだこのバイク。
よ・・・よし走り出した・・・・・・ うわぁああああ何だこりゃアクセル操作がやり辛い!
グリップ捻ってもあまり加速しないからちょっと増したらいきなり吹けやがる。お前はターボ車か。
こ・・・・・・コレはダメなんじゃないだろうか・・・・・・・・・
だって慣らしから帰って来て再出発の右後ろ確認で試験官の顔を見たら(試験官は後ろから車で追走して検定します)
窓枠に肩肘ついて目が「おいおいこいつ大丈夫かよ」って語ってましたもの。


い・・・・いや、諦めたらそこで試験終了ですよ。
もう指定速度40kmとか無理だしココはパスして次・・・・次・・・・・・・坂道か。
一旦止まってリアブレーキかけてフロント離して・・・・うわ下がった!チクショウ!
リ・・・・・リアだけじゃ保持できないのかな・・・・・ 良し、前後かけたまま発進しよう。・・・上手くいったか。
次はクランク・・・大丈夫、大丈夫、そんなに狭くない、狭くないんだ、進行方向を見て・・・・・・あ!しまった!
つい自転車のクセでフロントブレーキを使ってしまった!!やべえ!フラつく!!

ここでもう頭の中が全部ブレーキの事とクランクを出る事でいっぱいになってそこから先を完全に忘れてしまい、
右折しなければいけない所を左折してしまいます。と・・・・とりあえず左に寄せて指示を待とう・・・・・・

( ・∀・)「えーとね。君はココをこう間違えたから、ココを戻ってもっかいクランク通って今度は右に出て。」

もう一度クランクー!!!マジッスかー!!
こ・・・・今度はリアブレーキを使うんだ・・・・・使うんだ・・・・・・うわぁわわわぁわぁ曲がりきれないぃぃぃいいいい!!!
そのまま行くとコースアウトだったので前後輪ブレーキ使って停止。両足付き。
クランクの途中での完全停止は一発中止なのでそこまでです。テーレッテー


・・・・・・・・・・・・・・・しょんぼりと発着点まで戻ってきたら試験官が最初に一言

( ・∀・)「バイクって難しいよね。」

や・・・・優しいー!!濡れるッ!!
今考えるとクランクを2回走らせてくれたのももう点数的には不合格確定な私に練習させてくれたんじゃないだろうか。
だって検定票みたいなんチラ見したら8つくらい赤丸ついてましたもん。8つて。全部1個5点だとしてももう70点切ってますやん。
他にも色々とアドバイスしてくれたんですがだいたいまとめますと

「ほとんどバイクに乗ってるんじゃなくてバイクに乗せられてる所ばかりだったね」(余裕をもって操りなさいという事)
「40km指定速度の事とか頭から飛んでしもてたでしょ」(読まれているッ!)
「進路変更が遅すぎる。もう右に寄った時には交差点は目の前にあるって事が多かった」(早くしたつもりだけどまだ遅かったか・・・・)
「つま先はまっすぐ前に向ける。こういうカカトのついたブーツを履いてねって言うのはステップにここを引っ掛けて安定させるのよ」
「シフト変えた後ずーっとつま先がシフトペダルの下に有った。あれは良くない。」
「右足のブレーキがずーーーーっと付いたまま走ってた時があった。リアブレーキが全然使えていない」

などなど。なるほど仰るとおりです。うぅ・・・・・・
今考えると加速が変だったのもブレーキ踏んだまま走ってたからかもしれんね・・・・・・・
そのまま受験票を返されて本日の試験は終了です。あー 一本橋も急制動も出来ずに終わっちゃった・・・・・・・・・
また日曜にape借りて練習し直しだなこりゃ・・・・・・・
でも負けないぜー がんばるぜー
  1. 2010/11/05(金) 23:09:59|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<今年の日本シリーズは熱かった | ホーム | 個人的には古い方の吹替が入ったコマンドーが欲しい。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yosikage.blog65.fc2.com/tb.php/1448-c4ddcebb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2カウンター

プロフィール

尼野川 吉影

Author:尼野川 吉影

最近の記事

最近のコメント

カテゴリ

未分類 (1684)
ガチ☆ペディア (7)

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

検索フォーム

Google

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。