コウノトリ

福井の診療放射線技師がだらだら書く日記。

OVERDRIVE最新作「電激ストライカー」2011年春発売!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

キェェェェェェアァァァァァァシャァケンダァァァァァァァ!!!

あい。車検の日がやって参りました。
とりあえず場所はあらかじめ調べてあるので仕事が終わったらトコトコ向かいます。
20分ほどで到着。おー 広い駐車場やなー
えーっとまずは受付を探さないと・・・・・・ああ、この建物の中なのか。うわ!人多っ!
カウンター前の通路以外はビッシリと人が詰まってます。
・・・いや待てよ冷静に見たら人が多めなのもあるけどココちょっと狭いです。どっちみち一緒ですけど。

素人っぽくキョロキョロしてたらカウンターから「ユーザー車検ですかー?」の声が。おお、通じたみたい。
「そうでーす」
「では6番のカウンター前まで行ってくださーい」
「わかりましたー」
6番の前へ。カウンター前でボーーッと突っ立ってたら誰も気付いてくれません。皆さんお忙しいようですねー
そろそろ声をかけようかと思い始めた頃にオニーチャンがこっちにやって来てくれました。

( ・∀・)「ユーザー車検ですか?」
( ´∀`)「はい」
( ・∀・)「こちらは初めてで?」
( ´∀`)「はい」
( ・∀・)「ではまず車検証と納税証明書、自賠責保険証書を出してください」
( ´∀`)「はい(差し出す)」
( ・∀・)「(書類を見つつ案内用紙を出して)ココで必要書類と自賠責保険の更新、ココで自動車重量税30000円、ココで手数料1700円の証紙を買ってください」
( ´∀`)「はい」
( ・∀・)「そうしましたら必要事項を書いた上でまたこちらまで持ってきてください。見本は記入場所にありますので」
( ´∀`)「わかりました。有難う御座います」

ふーん、買い物は隣の建物でやるのか・・・・・ 渡り廊下を渡って・・・・・2階に上がって・・・・・・・
・・・・・・・・・え、どこ?ココ?どう見てもただのオフィスなんですけど、ホントにココ?

(;´Д`)「あのー すいませんユーザー車検に来たんですけど・・・・・」
(´・ω・)「あ、はい。普通自動車ですか?」
( ´∀`)「そうです。」
(´・ω・)「では210円頂きます」

一番近くに座ってたオネーチャンが対応してくれました。
でもね。書類を普通のファイル棚に入れたまま入り口に置くのは無用心だと思うよ。ヒョイっと持っていけるじゃないか。まぁ誰もやらんやろうけどさ。
あと自賠責も同時に申し込み。2年で23000円くらい。値上がりする前でセーフだったぜ。

1階に戻ってきて証紙売り場に。おお、ここはちゃんと窓口してるじゃん。30000円分購入。
隣にスライドして手数料1700円分も買い、またさっきの所へ戻ります。
人だらけの記入場所になんとかちょっと通りますよで辿りつき、スーパー書類タイム。
ふむふむ・・・・・・ボールペンで書くところと鉛筆で書くところがあるのか・・・・
住所、氏名、年齢、エンジンの型式、車台番号、ナンバープレート、走行距離・・・・・・・走行距離!?そんなん覚えてませんよ!
仕方無いので一旦駐車場まで戻って確認し、書き込んだらカウンターで提出です。

( ・∀・)「それでは今日は2番と4番レーンで検査します。初めてという事ですので一度見学者コースで手順を見てから行く事をお勧めします」
( ´∀`)「わかりました。」

なるほど確かにぶっつけ本番よりもある程度流れを見ておいたほうがスムーズに行けそうだな。特に今は混雑してるしマゴマゴしてると怒られそうだ。
えーっと・・・・・・・見学者コースは・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ドコ!?


さんざん歩き回って探しましたが「見学者はこちら」みたいな案内も看板も張り紙さえもありません。
有るのは関係者以外通れなさそうな扉と車が出てくると開くシャッターだけ。ど・・・・どうすれば・・・・・・・・・
仕方ない。またさっきのカウンターに戻って聞いてみるか・・・・・

(;´Д`)「すいません、見学者コースってどうやって入れば良いんですか?」
( ・∀・)「向こうの建物の中に行ってもらえればいいですよ」
(;´Д`)「ど・・・どこから入るのです?」
( ・∀・)「車が出てきてますよね?そこから入ってください」
(;´Д`)「え?そっから入って良いのですか?」
( ・∀・)「はい。」

へぇ・・・・・・・そうなんだ・・・・・・・・・・・・
でもシャッター閉まってるけど・・・・・車が出て来るタイミングで突っ込めって事?ハルヒ?
・・・・・・・あ、前に立ったら勝手に開いたわ。自動扉ならぬ自動シャッターってか?
中に入っても案内とか全然無いし、もう勝手に歩き回りますよ。怒られたらごめんなさいすれば良いやもー。


で、あらかた見学したけど良く解からず。てか皆慣れてるかして自分だけで黙々と検査こなしてるんであまり参考になりまてん。
ディーラーの受付で座ってそうなオネーチャンもスーツ着ながら淡々と進めてるし。なんか変な感じだ。

ま、とりあえずやってみましょか。
時間も結構経って空いてきた検査ラインに並び、入り口に居る検査官に用紙を渡します。
「初めて?」と聞かれたので「そうです」と答えたら最初から手順を教えてくれました。やったね!

・前後ヘッドライト&フォグ、ハイビーム切替、ウィンカー、ブレーキランプの点灯
・ボンネット開けて車台番号の確認、メーターで走行距離の確認
・マフラーにプローブ突っ込んで有害物質の薄さ確認

ここまでが入り口で検査官が目視で済ます事。通ったら機械に紙を突っ込んでハンコを貰います

・ゆっくり車を進めて左右に動く板を通り、サイドスリップ検査(勢いが良すぎると板が動かないので注意されます)
・ある程度進んだらシャシダイみたいな所にタイヤをはめ込み、ブレーキ、サイドブレーキ、ライトの光軸検査(サイドブレーキは渾身の力で引くべし)
・メーターが狂っていないかどうかチェックするために車を発進させて40km/hでパッシング。(1回目は1速でやってしまい失敗。2回目はちゃんとシフトアップして検査完了。チャンスは2回有ります)

ここまでがシャシダイで済ます事。通ったら機械に以下略

・地面の真ん中に穴の開いたスケベイスみたいな所まで車を進めて停車。
・穴の下から検査官が何かでガンガン叩いたりゆすったりして検査してます。正直わかりませんけどほっといたら終わります。終わったら機(略


はい終了。一発で通ってよかったよかった。
最後に出口を出た後にまた建物に戻って小屋みたいな所に居るオッチャンに確認のハンコを貰えばOKです
後はその書類を全部カウンターに持って行くだけ。
暫くしたら新しい車検証とシールが貰えて全て終了です。お疲れ様でした!

いやー なんってーか色々な部分でセルフサービス感が凄いというか、周りを見ても殆どプロ(TOYOTAのツナギ着てる人とかそんなん)
ばかりで素人がいきなり挑戦するとかなり緊張しましたけど、まぁ貴重な体験でしたわ。
検査官も親切に細かいとこまで指示してくれましたし。(但し愛想は悪いし態度は大きい)
掛かった費用は全部合わせても55000円くらいと最低限の費用だけで安く済ませられましたけど
まー 次の車検はどうしようか迷う所ですなー 多分大丈夫だとは思うけどなー



おー こんな動画もあったのか。行く前に見ておけば良かったぜ
場所によって若干手順が違いますけど、概ねこんな感じですね
  1. 2011/02/25(金) 00:43:09|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<龍神スカイラインは冬季間二輪通行止めか | ホーム | 撮った写真をすぐ見れる役得>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yosikage.blog65.fc2.com/tb.php/1546-ebce4e64
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2カウンター

プロフィール

尼野川 吉影

Author:尼野川 吉影

最近の記事

最近のコメント

カテゴリ

未分類 (1684)
ガチ☆ペディア (7)

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

検索フォーム

Google

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。