コウノトリ

福井の診療放射線技師がだらだら書く日記。

OVERDRIVE最新作「電激ストライカー」2011年春発売!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

磁気テープメディアとか絶滅してなかったんか

ウチの職場は私が入ったときから透視と胸部写真と長尺撮影はアナログ、それ以外はデジタルで撮影していたんですが
とうとうフィルムレスの新機種が入る事が決定致しました。
(まめちしき:フィルムレスってのはレントゲン写真を撮影した後現像せずにディスプレイ上で診断する手法です。
データはHDDに保存します。最近のデジカメと殆ど一緒です。皆さん現像とかあまりしないでしょ?)

それに伴ってFUJIFILMとKONICA MINOLTAが実際に機械を持ってきてプレゼンしたりとなかなか気合いが入っています。
うんうん、競争するってのは大切ですよね。


で、各々が売りにする所とかをアピールしてくれたのですが、大まかに纏めると
FUJIは「我々の用意する物しか使わせない。だけどその分予想外の動作や故障はしにくいし、してもサポートは絶対行う」
KONICAは「メインのホストPC以外は基本的に汎用品でOK。バックアップも普通の外付けRAID1HDDだし、ディスプレイの追加も自由。サポートも出来る範囲でやれる」
といったスタンスみたいですね。

例えば保存用HDDがいっぱいになった時は、
FUJIは「もう1個FUJIが提供する新しいサーバーをお買い上げ下さい。値段?数十万円からご用意致します」
KONICAは「外付けHDDなら何でも結構です。USBでもLANでもNASでも。ただ、RAIDは組んでおく事をお勧めします」

新しくクライアント端末を用意する時は
FUJIは「こちらが用意するPCとディスプレイをセットでお買い求め下さい。ソフトはその中に入っております」
KONICAは「PC、ディスプレイ共に何でも結構です。手術室用など読影の必要が無ければに40インチTVなども接続できます。ソフトはIEが有れば大丈夫です」


こんな感じ。
正直言って医療界、FUJIのような対応が当たり前のような風潮があった(医療用ですから専用品は当然、みたいな)んですが
ぶっちゃけそういうのって胡散臭いと思ってたところだったんでKONICAの対応は素晴らしいと感じましたね。
なんつぅか、ユーザーの立場で考えてるというか、自由度が高いというか、セコくオプションで儲ける気が無いというか。
やっぱり独自規格というか、専用品でやらせるのって気に入りませんしね。


そんなこんなで個人的にはKONICA押したいところではありますが、今まで使ってきたのはFUJIFILM。
仲介業者も冨木医療器と福井医療の2つあってまたそれぞれ付き合いがあったりして、まっこと速やかにはいかない雰囲気がプンプンするのですが
色々と説明したり説得したりしていこうかなと思ってます。
決定するのは我々では無いですからなー



この人の動画は本当によろしい。ますます日笠陽子が好きになれます
  1. 2011/07/08(金) 00:24:29|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<ヤフオクも有ったけど多分間に合わない | ホーム | イラストパネルと書くとカッコイイが要は下敷きですよ>>

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2011/08/25(木) 20:56:48 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yosikage.blog65.fc2.com/tb.php/1667-bb993749
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2カウンター

プロフィール

尼野川 吉影

Author:尼野川 吉影

最近の記事

最近のコメント

カテゴリ

未分類 (1684)
ガチ☆ペディア (7)

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

検索フォーム

Google

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。